長野第一法律事務所 ブログ 

アクセスカウンタ

zoom RSS 広島拘置所事件(国家公務員・分限免職・指導行為)広島地判H29.8.2

<<   作成日時 : 2018/03/29 10:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

1 国家公務員(条件付採用)の法務事務官に対する分限免職処分について,労基法19条1項の適用・準用(国家公務員法附則16条,第1次改正法律附則3条)がないとされた事案
2 地方公務員に適用される労基法が国家公務員に適用されないことをもって憲法14条に違反するとは回されないとした例
3 本件分限免職処分について,裁量の逸脱濫用はないとされた事例
4 業務上の指導行為について,上司が胸ぐらをつかんで詰問した行為について,国家賠償法上違法な行為であるとされた事案
5 対象公務員の不正なカード利用疑惑について,対象公務員に任意の資料提出の機会を十分に与えないまま自宅などを捜索した行為が国家賠償法上違法とされた事案


掲載誌:労働判例1169号

労基法19条1項
使用者は、労働者が業務上負傷し、又は疾病にかかり療養のために休業する期間及びその後30日間並びに産前産後の女性が第65条の規定によつて休業する期間及びその後30日間は、解雇してはならない。ただし、使用者が、第81条の規定によつて打切補償を支払う場合又は天災事変その他やむを得ない事由のために事業の継続が不可能となった場合においては、この限りでない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
広島拘置所事件(国家公務員・分限免職・指導行為)広島地判H29.8.2 長野第一法律事務所 ブログ /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる